夏の汗はニオイのもとあなたは大丈夫?

夏になれば、じっとしてても汗じみ、わき汗のニオイから足のムレ、さらにはデリケートゾーンのニオイまで女性にとって夏は冷や汗ものの季節。そんな夏を快適にやり過ごす方法を紹介します。

 

「汗くさい」と言われるように汗は、くさいものと思われていますが、じつは汗そのものに「ニオイ」はないのを知ってますか?

 

汗が分泌されるのはカラダにくまなくあるエクリン腺やわきやデリケートゾーンに多いアポクリン腺という2つの汗腺から分泌されています。

 

分泌されたくらいでは「ニオイ」はありませんが、皮脂や角質と混ざり細菌がそれらを分解しはじめると「くさ~い、ニオイ」として汗はくさいと言われます。

 

とくに女性のデリケートゾーンにあるアポクリン腺はタンパク質や脂質、アンモニアをたくさん含んでいるので「ニオイがキツイ!」と言われています。

 

普段はあまり汗をかかない人でも高タンパクや高脂質の食事をしてる人はとくに「ニオイがキツク」なるので注意したほうがいいみたいですね。

 

ニオイのケアをするのに人気なのが直接塗り込むロールオンやエッセンス、じか塗り級スプレーが効果的で使いやすく女性に人気があるようです。

 

歳を重ねるとニオイが変わる!?

 

若い女性にはピーチやココナッツのような甘いニオイ成分の「ラクトン」があり10代後半から減少しはじめ35歳をすぎると女子高生のような「甘い香り」は帰ってこないそうです。

 

つまりピーチやココナッツのような甘い香りではなく、言いにくいのですが加齢臭というやつですね。(ごめんなさい)

 

毛が無ければ臭わない?

 

今では、わき毛の処理をしている女性がほとんどですがニオイ対策には効果があります。それは、わき毛に汗がたまり、細菌が増えてしまい、それがニオイの原因になっています。毛を処理することでわきの汗や皮脂のケアもしやすくなるのでわき毛の処理はオススメします。

 

足のニオイで100年の恋も冷める?

 

スポンサードリンク

 

わきのニオイの予防も対策もカンペキと安心してたら、靴を脱ぐお店で環境破壊するほどの足のニオイで、せっかくの美人が台無しなんてことにならないように気をつけましょう。

 

毛もないし、ベタベタしてもないのに、どうして足がくさくなるのでしょうか?

 

手のひらや足の裏には皮脂腺がないのでニオイが出にくい場所なんですが、足の角質をエサにして足の裏独特の細菌(コソウ菌)が発生します。

 

細菌は酸素の少ない、密閉されたクツや通気性の悪いナイロン製の靴下やストッキングなどで細菌が増えてくさいニオイを出してしまいます。

 

かかとや足の指などに角質がたまってガサガサの人はこまめに角質ケアをしてお風呂では足の指まで、しっかり洗うようにしましょう。

 

また、時代劇で見たことがあるかと思いますが家に帰ったら玄関に上がる前に足を水洗いでもいいので簡単に洗うと効果バツグンです。

 

しかし、あまり現実的ではないですね(笑)

 

現実的には同じクツを続けて履かないようにして、すぐに靴箱にしまわないことです。履き終わったら、しばらく通気性のいい場所で休ませましょう。

 

頭のニオイ!大丈夫?

 

髪の毛で頭をスッポリ隠してるけど通気性はどうなんでしょうか?

 

頭皮も皮脂分泌が多い場所なので細菌の悪~い、働きでニオイが出やすい部分なんです。
ですから、洗髪のときには頭皮の皮脂や角質をしっかり洗い流すようにしてニオイの元を残さないようにしましょう。

 

だからと言ってゴシゴシ強く洗いすぎると頭皮が炎症を起こして乾燥が進み、かえって皮脂の分泌を増やすことになり菌は大喜び。

 

洗髪も頭皮を乾燥させないように注意したほうがいいみたいですね。

 

ちなみに耳の後ろやうなじは、アポクリン腺が発達していてニオイが出やすい場所なんです。髪を洗うときは、忘れずに耳の後ろや、うなじもしっかり洗いましょう。

 

耳の後ろや、うなじから出るニオイは世間では「加齢臭」とか言ってます。

 

息がくさい女子ほど最悪!

 

「どんなにおしゃれ上手でも、どんなに可愛くても、口のニオイだけは我慢できません」
というのが世の男性の本音なんです。

 

もちろん同性の女性からも避けられます。

 

口のニオイは、なかなか言ってはくれませんし気をつけましょう。

 

口のニオイの原因は、口の中の細菌や舌の上に残った食べかすなどのタンパク質を分解するときにニオイが出てきます。

 

普通だったら唾液が細菌を洗い流す、自浄作用があるんですが歳を重ねると唾液の量が少なくなり口臭がキツクなったりします。

 

若いからと言って安心はできません。

 

お肉など高タンパク質な食事をしていると舌にタンパク質が残りやすく口臭の原因になります。

 

歯磨きをするときは舌までしっかり洗うようにしたほうがいいでしょう。

 

誰のも言えないデリケートゾーンのニオイ

 

デリケートゾーンはわきと同じくらいニオイが出やすい場所なんです。

 

デリケートゾーンはアポクリン腺が多いので、ニオイが出やすく高タンパクな食生活をしている女子は要注意です。

 

女子のカラダの中でも構造的にもムレやすく、生理中はナプキンで通気性も悪く細菌が増える環境になります。

 

わきと同じように毛の処理をしたほうがいいかもしれません。本来ならば人間の粘膜には自浄作用がありますが、お手入れをするなら弱酸性の低刺激性のアイテムがオススメです。

\デリケートゾーン専用クリームジェル/
プリンセスアンダー

まとめ

 

これから夏本番です。

 

女性のみなさん生活習慣を見直し、正しい睡眠をとり食生活も、おいしいからと高タンパクな食事ばかりとらずに気をつけてニオイ対策を心がけましょう。