赤ちゃんニキビの原因と対策は?

新生児ニキビ

生後3ヶ月頃までにできるニキビを「新生児ニキビ」といわれています。新生児の赤ちゃんの皮膚トラブルとしては多いほうなんですが結論からいって、そんなに気にする必要はありません。

※もちろん例外があるので、このまま読みすすめてください。

 

とうぜんですが赤ちゃんの肌は大人のあなたよりも敏感だし、お腹から出てきた赤ちゃんの成長は早く、肌の変化も大人よりも早い特徴があります。

 

それだけデリケートだとも言えます。

 

一般的に赤ちゃんのニキビは母乳が原因だと言われることが多いようですが、それだけではありません。

スポンサードリンク

白いニキビ?赤いニキビ?

 

ニキビも大人と同じように赤ちゃんにも白い芯がつまったような白いニキビや赤いボツボツの赤ニキビがありますが膿のようになっていたり、赤みがひどい場合は炎症をおこしていたりアトピーのうたがいもあるので、自己判断でおわらせずに病院に行ってみることをオススメします。

小児科、皮膚科どちらがいいの?

 

赤ちゃんの皮膚トラブルでは小児科で診てもらうのが一般的です。小児科は子供の症状を専門に診ているので、比較的予約がとりやすく待ち時間も少ないというメリットがあります。

 

予防接種や健診のときにニキビの症状がでていれば一緒に診てもらうようにしましょう。

 

小児科で診てもらい、処方された薬でも症状が改善されないようならば皮膚トラブル専門の皮膚科の受診になります。

 

皮膚科では子供だけではなく大人も受診しますから待ち時間は長くなることもありますが、小児科の受診内容に多い子供の風邪などの受診は少ないため、うつされる心配は少ないと言えます。

新生児ニキビの原因と対策法は?

 

赤ちゃんの肌はとてもデリケートで皮膚の状態も中性にちかく、さらに角質層の厚みは大人のあなたにくらべ半分くらいなので細菌感染しやすく、さらに汗もかきやすのでニキビができやすい状態です。

母親の影響が大きいの?

 

生まれてくる赤ちゃんは母親のホルモンを受け継いでいることがあり、ニキビができやすい体質ということもありますが、そんなに心配する必要もなく他に原因がなければ2~3ヶ月くらいで、長くても6ヶ月くらいで自然とホルモンの影響も少なくなっていきニキビも少なくなっていきます。

赤ちゃんのニキビ対策は身の回りから!

寝具の汚れ

 

大人でも寝てるあいだには多くの汗をかきますが赤ちゃんは寝てる時間も、もちろん横になってる時間も汗をかきます。

 

汗を吸収した寝具をそのままにしておけば長時間汚れた寝具にカラダを触れさせることになり赤ちゃんのニキビの原因にもなり、最悪、ほかの病気の原因になることもあるので親としては、寝具の汚れには敏感になったほうがいいでしょう。

お風呂上がりも要注意!

 

お風呂での洗い残しや石鹸の洗い残しなどが赤ちゃんニキビの原因になることがあります。
洗いすぎはいけませんが、細かいところも気を配ってあらいましょう。

 

洗うときは肌への刺激を減らすためにタオルでこすり洗いをしないで、たくさん泡をたて、泡でやさしく洗うようにしてください。

 

スポンサードリンク

お風呂上がりは、しっかり保湿剤で赤ちゃんの肌にうるおいをあたえるようにしてください。このときに、過剰な保湿は油分が過剰になりすぎてニキビの原因になるので、ここでも注意が必要です。

洗濯用洗剤は赤ちゃん専用

 

角質層が薄く、敏感な赤ちゃんの肌はおとなの服を洗う洗剤では刺激が強すぎる場合があるので赤ちゃんの肌にやさしい成分配合の洗濯洗剤を使うようにしてください。

まとめ

 

赤ちゃんの顔やカラダにデキモノができたりニキビができると心配です。
とくに、ひどい場合は他の病気ではないかと、よけいに心配になりますが赤ちゃんの肌は大人のあなたにくらべて、かなりデリケートです。

 

過剰な心配はしないで、ふだんから清潔にしていれば、ほとんどの症状は無くなります。あなた自身がストレスをためないように毎日のケアをしていきましょう。